新型コロナウイルス感染症関連情報

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が広がっており、福島県内において、新型コロナウイルス感染症の患者が確認されています。感染拡大を最小限に防ぐため、当JAといたしましては、毎朝自宅での検温やマスクの着用、施設内の換気、消毒等を徹底し、人命保護や感染抑制を最優先に取り組んでいます。組合員の皆様には、今後も国や行政が発する情報にご注意いただき、感染防止対策を徹底いただきますようお願いいたします。

1.感染症防止に向けた基本的な考え方

新型コロナウイルスとは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳(せき)が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさを訴えることが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。新型コロナウイルスは飛沫(ひまつ)感染と接触感染によりうつるといわれています。

皆さんに気を付けていただきたいこと

対策本部設置について

当JAは2月28日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のリスクを最小限にとどめるため、新型コロナウイルス対策本部を設置しました。
組合員や利用者、役職員の安全を最優先に考え、関係機関と連携し、感染拡大の抑制に努めてまいります。

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

・福島市保健所
TEL:024-525-7670
・県北保健所
TEL:024-534-4101
・相双保健所
TEL:0244-26-1323
・福島県相談専用ダイヤル
TEL:024-521-7871
・厚生労働省相談窓口
TEL:0120-565653
Page Top