JAの地域貢献活動

平成31年度「地域くらし活動支援事業」
地域貢献・活性化に取り組む「グループ・団体」の募集について

平成31年3月1日

少子高齢化、人口減少、さらには震災・原発事故の影響等により地域社会をとりまく環境が大きく変化する中で、地域コミュニティの維持・発展を図り「住みよい元気な地域づくり」のためには、地域の特色(歴史・自然・文化等)を活かし「地域力」を発揮した活性化対策が求められています。

このような中で、地域の拠点であるJA自らが地域貢献・地域活性化「以下『地域活性化』という」に一層取り組むとともに、地域活性化に取り組むグループ・団体等の多様な活動を支援することにより、組合員・地域住民自らの「地域力」の向上を図り、管内の地域活性化に貢献いたします。

本年度も「地域くらし活動支援事業」の対象となる活動に取り組むグループ・団体を募集いたします。皆様からのたくさんのご応募お待ちしております。

【支援内容】

地域活性化に資する活動(くらしの活動、高齢者支援活動、環境保全活動等)に対して、JAで助成金を交付します。

なお、支援対象事業の詳細については下記対象活動一覧のとおりとし、すでに取り組んだ活動(事業)については対象外とします。

地域くらし活動支援事業 対象活動一覧
1.くらしの活動、地域活性化に取り組む活動
①生活支援・協同活動 ◆婚活・子育てイベント、支援等に寄与する活動
◆料理教室、地元食材を活用したイベントの開催等
◆農業体験等の食農教育に資する活動
②地域・文化支援活動 ◆地域住民が主体となる発表展示・講習会の実施など地域文化振興に資する活動
◆地域文化・伝統を維持・継承する活動
◆地域の魅力を発信し、次代を担う人や地域を支える人づくりにつなげる活動
③健康増進活動
 健康管理活動
◆ウォーキング大会等の健康増進に資する活動
◆健康教室等の健康管理を啓発する活動
2.高齢者支援に取り組む活動
①介護・福祉活動 ◆介護体験教室などの活動
◆助け合い活動など
◆高齢者世帯を支援する取組み活動
3.地域環境保全に取り組む活動
①清掃活動
②緑花・自然景観等の改善に関わる活動
4.その他
①その他 上記1~3に類する活動でJAが認めるもの

【支援対象グループ・団体】

支援対象団体は、JA組合員・地域住民が構成員で地域のイメージアップ・活性化に取り組むグループ・団体等を対象とする。

但し、次のいずれにも該当することとする。
①JAふくしま未来管内に活動拠点を有している。
②JAふくしま未来から助成を受けている(受ける予定がある)団体でないこと。
③宗教活動又は政治活動を行う団体でないこと。
④活動費が国・地方自治体等からの全額補助で運営している団体でないこと。
⑤反社会的勢力が支配・関与等している団体でないこと。

なお、活動支援は1事業年度を通して、1団体1支援とします。  また、次年度以降も申請する場合、同様の活動(事業)は認めません。(新たな活動に取り組む場合は除く。)

【助成額(総額500万円以内)】

地域活性化に資する活動に係る活動費用(日当・飲食費を除く)で 1団体上限を10万円とする。

但し、審査で認められた場合 上限を超えて助成を受けることもできることとする。

【支援対象活動期間】

平成31年3月~翌年2月までに実施する活動を対象とします。

【申請方法および申請期限】

(1)申請方法
地域活性化に資する活動に対して支援を希望するグループ・団体は、「地域くらしの活動支援事業申請書」(様式1-①申請)と「団体(組織)構成員の名簿」(様式2)をお近くのJA事業所または地区本部へ提出する。

(2)申請期限
平成31年3月1日(金)~8月30日(金)まで(各地区本部必着)

【その他 注意事項】

(1)申請書を受理後、速やかに審査を行い活動支援が可能か否か判断します。
(2)審査終了後、活動支援の可否通知を申請者に交付します。
(3)活動支援の認定を受けた団体は、活動実施後速やかに「活動実施報告書」(様式1-②報告)の提出願います。これにより助成金を交付します。
なお、報告内容が支援対象に該当しない場合、活動内容に不正行為があった場合は、支援を取り消します。
(4)活動の実施にあたりJAの「地域くらし活動支援事業」を活用し、活動する旨を掲示および周知PRをお願いします。

【各種様式】

【本件に関するお問い合せ先】

本店・地区本部名部署名電話
福島地区本部地域支援課024-554-5511
伊達地区本部地域支援課024-575-0100
安達地区本部地域支援課0243-24-1369
そうま地区本部地域支援課0244-67-2551
本店企画部 地域支援課024-573-1004
Page Top